Return to site

第二回「尼崎ぱーちーのこだわり」

毎週金曜日に更新すると宣言して2回目から金曜日に更新出来ていないじゃないか!

お前は何処で金曜日に更新できるという勝算を手に入れたと勘違いしたのだと先週の私のがら空きの顔面にワンツー放ちたい気持ちを抑え、昔ノーガードなスタイルが後の選手生命の長さを左右するんだぞと少年漫画を読みながら叫んだ言葉がブーメランのように今の私の顔面にワンツーかまして脳震盪な火曜日です

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

尼崎ぱーちー開催まで50日(だいたい)ですね

あまがすきマラソンのblogにはきっちり開催まで何日!とSEIKOの時計のように狂いなく正確かつ丁寧かつ煌びやかにお伝えしてくれるのに対して、こちらは日時計のようなクオリティと身体をフルで使っていけというスタイルでお届けしていきますね!

さてまた枕が長くなってしまいました

前回は日時、開催場所なんかをお伝えしたのですが今回はもう少し奥に入っていただき、そうですね、バラモスゾンビと出会う辺り、もっとわかりやすくいうとCoCo壱番屋で7辛いってみようかなくらい奥に行ったところにある尼崎ぱーちーの魅力をお伝えしたいなと思っているというかそうするのがスタンダードだろうなと感じています

このペースで行くと第4回目くらいで後ネタ切れしていくと思いますので、羽生先生ばりの先手で打っておきます

【募集】

インタビューしてほしい、私に尼崎ぱーちーに対して語らせてほしいという方を募集しております

少し変わったスタイルでできたらと思っており、インタビュー受けていただく方にも少しご負担お願いいたします

私と尼崎ぱーちーに対して語りたい(自分が出店する事についてでもいいです)という方で3000円ずつ(計6000円)出して尼崎のお店でお酒を飲みながらお会計が6000円になった時点で解散というインタビュー

尼崎ぱーちーの出店されるフードのお店も紹介しつつ、お酒や美味しい食事をいただきながら帰り道に「あ、全然尼崎ぱーちーの事話せていない」というような会になればとてもいいなと思います 

9月結構夜がら空きにしてますのでインタビューしてほしいという方は尼崎ぱーちーFacebookのメッセージ、私か藤本さんか足立さんまでご連絡お願いします

メッセージに ・お名前 ・夜空いている日 ・嫌いな食べ物 をご記入ください

さて今回は尼崎ぱーちーのこだわりを実行委員になりたてほやほやのど素人が独断と偏見でお伝えします

大丈夫です、もし間違っていても「まじっすかケミストリー起きましたね」でほとんどの事は解決しますしそもそも私がblogを書く事を決定した人に責任は上がっていきます

ノーリスク、ハイケミストリーっすね

多分きっとおそらく予想ですが尼崎らしいマルシェというのはこだわりの大きなポイントなのですが私が特に感じるのは多分きっとおそらく予想ですが新しいマーケットの開拓、捨てるものや不要なものの新しい価値

私もアクリル工場を経営しているのですが、完成されたアクセサリーなどは百貨店や取扱店さんでみてもらう事は多いと思うのですが工場ではどういう工程で作っているのかは多分きっとおそらく予想ですがほとんどの方はわからないと思います

企業秘密とかそういう類いのそれではなくて私はデザインから製造販売までするので工場で余裕で捨ててるやつが、出店先で出会った人がとても必要としていたりする場合に出会う事が稀にあります

そういう時はなんていうのか哲学的になってしまいますがテンション鬼上がるー!みたいな感じになります

私が捨てるものを欲しいを必要としてくれている人がいて、私もゴミがなくなり、その人も購入しなくていいというwinwinというかウェイウェイみたいな感じを尼崎ぱーちーは新しいマーケットとして提供できないのか?

こういうこだわりを感じる

と実行委員の誰かがいうてました

またお前じゃないんかいという皆さんの前回よりもキレのある心の中のツッコミ

皆さんサトラレなんじゃないっすかくらい響いています

ありがとうございます

お時間ない方はこの味付け海苔に挟まれた白ご飯の部分だけチェックしてください!

今回お伝えしたい事

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

尼崎ぱーちーは新しいマーケットの発見のこだわりの一つなんじゃないかという予想を素人が独自で語った

インタビューというか人見知りのおっさんとサシで飲むという苦行を募集

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly